トップページに戻る

同友会ニュース−景況調査分析報告

【12.03.13】2011年7~12期の景況調査分析がまとまる

東日本大震災後の転落から再び回復基調へ戻るが、先行きに不安。

2011年7~12月期を対象に実施した第14回景況調査の分析報告書がまとまりました。

東日本大震災後の転落から再び回復基調へ戻るが、先行きに不安を抱えている状況です。

前年同期(2010年7~12月期、以下同)と比べて、今期の業況は「好転」29.8%、「不変」34.4%、「悪化」35.1%となっています。「好転」と「悪化」の差であるDI指数は△5.3になり、半期前の前回調査と比べDIが28ポイント上昇する大幅な改善となり急速な回復基調を示しています。   
前回は米国リーマンショック金融危機後の低迷期に逆戻りし、景気悪化の長期化が懸念されましたが、ひとまずはそうした心配を払拭する結果となりました。

第14回景況調査分析報告書.pdf

▲ このページの先頭にもどる

同友会ニュースへ

同友会とは?へ

同友会の組織へ

活動の基本へ

入会のご案内へ

リンク(関連先)へ

所在地・連絡先へ

会員以外でも参加可能な活動

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
大分同友会facebookへ
障がい者の実習受入れ賛同企業マップへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
同友会活動支援システムedoyuへ
大分県中小企業活性化条例へ
大分市中小企業振興基本条例へ
豊後高田市中小企業振興基本条例へ
日田市中小企業振興基本条例へ
佐伯市中小企業活性化基本条例へ
RSS