トップページに戻る

同友会ニュース−企業訪問

【14.10.07】(株)美装管理 代表取締役 高野浩子氏を訪問しました

仕事と社員

  「社会の環境美化に貢献するサービスを常に提供し、感動を与え続ける会社を目指す。」を経営理念の最初に掲げているように、ハウス、店舗・オフィスのクリーニングや宇佐神宮、大分縣護国神社などの神社・仏閣・古民家の木部灰汁洗いという、建物や設備・備品を再生する仕事が中心です。

共同温泉の清掃のように数時間で終わるもの、フルタイムで通う建設現場での仕事、泊まり込みの出張仕事等、様々です。また、最近では給食サービスもはじめています。社員は現在約八十名で、五十代、六十代が多く、男女半々です。六十五歳が定年ですが、女性は引き続き働く人も多いです。数時間で出来るクリーニングなど、体に負担がかからない仕事が選べます。
一方、新卒採用の社員もいます。建築現場から経験を積んでいます。特殊技術の木部灰汁洗いは、落ち具合・色決めに技術と経験が必要ですが、三十代の社員が担当しています。

同友会に入会、そして経営指針

社長になって、一年ほどたった頃、麻生副代表理事の紹介で同友会に入会しました。そして、経営指針に取り組まなければ同友会で学ぶ意味はないと、早速経営指針成文化セミナーに参加しました。それまでは父が示した目標があっただけでしたが、経営理念を明文化、経営指針書を毎年作成し、現在に至っています。

経営指針書を社員に示すようになって、多少変わったと感じています。社員は、経営指針を読んで、会社は変わっていくだろうな、長く続きそうだと思ってくれているようです。今年の新卒採用の面接時に初めて経営指針書を見せて会社説明をしました。安心感を与えることが出来たようです。今後も、経営指針を企業の発展に活かしていきます。

訪問を終えて

(株)美装管理には、六十五歳を過ぎた年配社員から新卒の若い社員まで、それぞれが求める仕事がありました。年配社員には、日常生活に必要な程度の報酬が得られる短時間の仕事です。それは、引き続き社会との接点を持つことに繋がっています。若い社員は、特殊技術で惹きつけます。「木部灰汁洗い」というものを今回初めて知りました。

「少子高齢化」が引き起こす問題が、毎日のように新聞に載っていますが、その解決の一例に出会ったように思いました。

(同友おおいた176号 10月号より 取材/広報委員会)

会社概要

株式会社 美装管理
代表取締役社長 高野 浩子
設立:1974年7月2日
所在地:〒874-0906 大分県別府市天満町16番26号
TEL:0977-21-5311
FAX:0977-21-5331
事業内容:ハウスクリーニング、店舗・オフィスクリーニング、神社・仏閣・古民家 木部灰汁洗い、建築物の空気、水質等の環境測定、病院給食業務
 

▲ このページの先頭にもどる

同友会ニュースへ

同友会とは?へ

同友会の組織へ

活動の基本へ

入会のご案内へ

リンク(関連先)へ

所在地・連絡先へ

会員以外でも参加可能な活動

検索

2019合同企業説明会のご案内へ
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
大分同友会facebookへ
障がい者の実習受入れ賛同企業マップへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
同友会活動支援システムedoyuへ
大分県中小企業活性化条例へ
大分市中小企業振興基本条例へ
豊後高田市中小企業振興基本条例へ
日田市中小企業振興基本条例へ
佐伯市中小企業活性化基本条例へ
RSS