トップページに戻る

同友会ニュース−企業訪問

【15.04.23】三信機器サービス(株) 代表取締役 岩尾達也氏を訪問しました

代表理事を務めてきたことを振り返って

  私は大分同友会の代表理事を三期務めさせていただきましたが、私自身、大きな学びを得る事が出来たと思っています。これまで代表理事として会議や全国大会など数多く出席させていただきましたが、出席するにあたって、まず自分自身が同友会理念や同友会が提唱する企業経営のことなど多くのことを学ぶ必要がありました。これは結果として私自身の成長につながったと思います。

そして他県の代表理事や役員の方との横のつながりもできました。これは大きな財産ですね。地元、大分同友会では四年前に全国総会を開催させていただきましたがこれも貴重な経験でした。私だけでなく大分同友会としても大きく発展、成長した出来事でした。全国総会を行うことで会としても大きく成長しましたし、一緒に学ぶ多くの経営者仲間が増えました。

役員を務めることで会社は成長した

これは何も代表理事に限ったことではないのですが、同友会には理事、委員長、支部幹事など多くの役があります。この役を務めることで自身、自社には大きなプラスになります。代表理事は特に多いのですが、役員は会議に出席したり、運営を行ったりと、同友会運動に関わる時間が多くなります。

会社を空ける頻度が上がるわけですね、すると自分がいなくても事業が行える会社にしなくてはならない。自分がいなくても、社員さんが主体的に働いていただくための、仕組みづくり、風土づくり、仕事づくりを行う必要があります。これこそが会社の成長、そして社員さんの成長につながると思うのです。

今後の大分同友会発展の為に

  同友会での学びで優れている点の一つとして、経営者同士がお互いに本音で経営課題を語り合えるということが挙げられますが、やはり今後もその点は強めていけたら良いですね。

ですが月に一回の例会だけでは、会員同士の絆を深めるのにも時間がかかります。そこで推奨しているのが小グループ活動です。少人数だと、お互いがより深く学べますし、その中で自然に悩みや課題を話し合えるようになると思うのです。

現在では委員会・部会活動が小グループ活動の一つですが、それに限らず会員同士の集まりが増えることで、より一層、会として活性化していくと思います。今後も、大分同友会と共に成長し続けていきたいと考えております。

(同友おおいた182号 4月号より 取材/広報委員会)

▲ このページの先頭にもどる

同友会ニュースへ

同友会とは?へ

同友会の組織へ

活動の基本へ

入会のご案内へ

リンク(関連先)へ

所在地・連絡先へ

会員以外でも参加可能な活動

検索

2019合同企業説明会のご案内へ
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
大分同友会facebookへ
障がい者の実習受入れ賛同企業マップへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
同友会活動支援システムedoyuへ
大分県中小企業活性化条例へ
大分市中小企業振興基本条例へ
豊後高田市中小企業振興基本条例へ
日田市中小企業振興基本条例へ
佐伯市中小企業活性化基本条例へ
RSS