トップページに戻る

同友会ニュース−活動報告

【16.09.30】豊後高田支部9月例会を開催しました

嘉永から続く会社を存続させる

  9月29日(木)豊後高田中央公民館で豊後高田支部9月例会を開催しました。伊妻良浩氏(㈲中村機工 専務取締役)が「事業継承への覚悟と社員との関係づくり」をテーマに報告しました。

義理の父が経営する(有)中村機工に入社しました。文系で機械のことは分からない上に周りからのサポートもなかったため、辞めたいと思いながらも努力を重ねていきました。

売上の7~8割は自動車関連の仕事が占めています。現場で働く6名のうち3名が60歳以上で、更新をしながら働いています。若い人を採用しましたが、休みと安い給料が敬遠されて長続きをしません。現場の人は専門化してしまっており、その人がいなければ機械が止まってしまい、仕事ができない状況になります。さらに突発的な仕事が入ると工程管理もままなりません。

半数が身内ということもあり、家と会社の区別がつかないこともあります。社内ではコミュニケーション不足を感じているので、コミュニケーションを深めて、あいさつや5Sなど当たり前のことができる会社にしたいと考えています。

子どもが喜ぶ姿を見たいので、いずれは公園遊具などを自社開発できないかと考えています。また、将来的には小中学生の職場体験の受け入れなどにも取り組み、嘉永から続くこの会社を存続させていきたいです、と報告しました。

▲ このページの先頭にもどる

同友会ニュースへ

同友会とは?へ

同友会の組織へ

活動の基本へ

入会のご案内へ

リンク(関連先)へ

所在地・連絡先へ

会員以外でも参加可能な活動

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
大分同友会facebookへ
障がい者の実習受入れ賛同企業マップへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
同友会活動支援システムedoyuへ
大分県中小企業活性化条例へ
大分市中小企業振興基本条例へ
豊後高田市中小企業振興基本条例へ
日田市中小企業振興基本条例へ
佐伯市中小企業活性化基本条例へ
RSS