トップページに戻る

同友会ニュース−活動報告

【17.03.02】2016年度第4回新会員オリエンテーションを開催しました

「同友会の歴史と理念」について説明

  まず高野副代表理事が「同友会の歴史と理念」について説明しました。
戦後復興の担い手として、同友会の前身と言われる全中協が1947年に結成、1957年に東京で日本中小企業家同友会を結成し、新たな中小企業運動への出発の起点を築きました。また、同友会理念である、「三つの目的」「自主・民主・連帯の精神」「国民や地域と共に歩む中小企業」や労使見解について、冊子「同友会がよくわかる」を基に説明しました。

地域に貢献し愛される企業を目指す

  次に都留支部長が「同友会と私」をテーマに報告しました。(株)都留紙器工業所は1923年に創業し、今年で創業93年目をむかえます。はり箱等の製造を行っており、昭和30年~40年は別府観光の最盛期でした。しかし、昭和40年頃に30社あった同業社が今は3社となっています。

経営理念は「顧客第一、品質向上をいつも心がけ、社員と共に向上心を高め、地域に貢献し愛される企業を目指す」です。特に「地域に貢献し愛される企業を目指す」には、今の場所に会社を移して80年以上地域の方々に支えられてきた恩を返したい、という思いが込められています。「来期はぜひ経営指針成文化セミナーに参加したい」と決意を述べました。

▲ このページの先頭にもどる

同友会ニュースへ

同友会とは?へ

同友会の組織へ

活動の基本へ

入会のご案内へ

リンク(関連先)へ

所在地・連絡先へ

会員以外でも参加可能な活動

検索

中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
大分同友会facebookへ
障がい者の実習受入れ賛同企業マップへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
同友会活動支援システムedoyuへ
大分県中小企業活性化条例へ
大分市中小企業振興基本条例へ
豊後高田市中小企業振興基本条例へ
日田市中小企業振興基本条例へ
佐伯市中小企業活性化基本条例へ
RSS