トップページに戻る

同友会ニュース−活動報告

【18.07.17】支援学校の校長先生との懇談会を開催しました

お互い知り合うことからはじまる

 \; 7月10日(火)大分市コンパルホールで「支援学校の校長先生との懇談会」を行いました。支援学校の校長先生、行政の方14名を含む26名が参加しました。大分同友会では主に支援学校の進路指導の先生と意見交換をすることが多いのですが、校長先生にも同友会の取り組みを理解してもらおうという目的で行いました。

まず、「同友会が目指す人を生かす経営」をテーマに障がい者問題委員長の安部征吾氏(大分デバイステクノロジー(株)代表取締役)より報告をして頂きました。
障がい者問題委員会の取り組みについて、?障がい者と健常者が共に生き、働ける社会(地域)づくりに学び合う、?障がい者問題および障がい者雇用について関心を深める、?全国各地の同友会に障がい者問題の取り組みの輪を広げるの3つについて説明しました。

具体的な活動の事例として、就労支援に関する意見交換会、支援学校の校長先生との懇談会、障がい者フォーラムを開催していることを伝えました。また、障がい者の実習受け入れについて、2017年度実習賛同企業は121社で27社が77名を実習受け入れ、18社が33名を雇用しました。

 \; 報告の後は「地域の中小企業と学校をどうつなげていきますか」をテーマに意見交換を行いました。学校側からは「企業の皆さんの熱意を感じました。自分達が学校でやれる事を今後検討していきたい」「支援学校での子どもの様子や学習内容を知って頂きたいと思いました」、企業側からは「子どもたちを心配する親や先生の気持ちが分かりました」「継続することの大切さを強く感じました」といった意見を頂きました。
まずは企業と学校がお互いを知ることが大切であることを確認し合いました。

▲ このページの先頭にもどる

同友会ニュースへ

同友会とは?へ

同友会の組織へ

活動の基本へ

入会のご案内へ

リンク(関連先)へ

所在地・連絡先へ

会員以外でも参加可能な活動

検索

2019合同企業説明会のご案内へ
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
大分同友会facebookへ
障がい者の実習受入れ賛同企業マップへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
同友会活動支援システムedoyuへ
大分県中小企業活性化条例へ
大分市中小企業振興基本条例へ
豊後高田市中小企業振興基本条例へ
日田市中小企業振興基本条例へ
佐伯市中小企業活性化基本条例へ
RSS