トップページに戻る

同友会ニュース−活動報告

【18.12.28】佐伯支部12月例会を行いました

三方よしの経営を目指す

 \; 12月25日(火)ホテル金水苑で佐伯支部12月例会を開催しました。豊後高田支部支部長の弓崎基晶氏(共和重工(株)代表取締役)が「三方よしの経営をめざして」をテーマに報告しました。
今回は佐伯支部例会を活性化させようと、理事会終了後に行いました。佐伯支部会員だけではなく、理事の方も参加して頂きました。

共和重工(株)は1981年に設立。自動車整備と一般貨物運送業で砂利などの運搬を主に行っていました。弓崎氏は1993年、大学3年生の時に同社に入社しました。車検台数が減る中、2005年に指定工場の許可を取り、自社で最終検査までできるようにし、他の整備工場との差別化を進めてきました。現在では国家整備士もおり、車検台数も3倍になりました。

同友会には入会しましたが、最初はなかなか参加していませんでした。しかし、役員になったことで、同友会にも参加をして、2011年には朝礼を始めました。2013年に「売り手よし 買い手よし 世間よしの精神で持続可能な企業をめざす」という経営理念を作成しました。理念に沿った経営を行う事で、地域循環型の経済システムを構築し、少しでも地元に貢献できるよう100年続く企業を目指して日々前進しています。

▲ このページの先頭にもどる

同友会ニュースへ

同友会とは?へ

同友会の組織へ

活動の基本へ

入会のご案内へ

リンク(関連先)へ

所在地・連絡先へ

会員以外でも参加可能な活動

検索

2020合同企業説明会のご案内へ
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
大分同友会facebookへ
障がい者の実習受入れ賛同企業マップへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
同友会活動支援システムedoyuへ
大分県中小企業活性化条例へ
大分市中小企業振興基本条例へ
豊後高田市中小企業振興基本条例へ
日田市中小企業振興基本条例へ
佐伯市中小企業活性化基本条例へ
RSS