トップページに戻る

同友会ニュース−お知らせ

【20.04.10】新型コロナウイルス感染症緊急アンケート結果

86%の企業が「既にマイナスの影響が出ている」「今後マイナスの影響が懸念される」と回答

 \; 大分県中小企業家同友会では、県内会員企業を対象に新型コロナウイルスの感染拡大が、日常生活や地域経済に大きな影響が出る中、経営への影響や企業対応などの実態を把握するため、緊急アンケートを実施いたしました。
3月17〜3月31日まで行い、203社から回答を頂きました。

緊急アンケートの特徴

・86%の企業が「既にマイナスの影響が出ている」「今後マイナスの影響が懸念される」と回答。
・具体的にどのようなマイナス影響が出ているかについては、「商談遅延」(26.5%)、予約キャンセルによる売上減や損失」(24.63%)、「国内仕入先からの仕入れ、調達に支障」(24.63%)、「来店数の減少等による売り上減少」(22.6%)と続く。
・マイナスの影響に対しての対応は、「新規受注の確保」(28.08%)、「人件費以外の経費の節減」(25.12%)、「緊急融資制度の活用」(22.66%)と続く。
・3月の対前年同月比売上は、50.6%の回答企業が減少。
・資金繰り見通しについては、「当面不安はない」(48.77%)だが、「借り入れ検討している」(26.60%)、「将来に備えて金融機関に相談中」(9.36%)と検討・相談中・交渉中を含めると4割近くが資金繰りに動いている。
・7割が自社でBCPを策定出来ていないと回答。(BCP策定が急がれる)
・国や自治体に対する要望や提言では、「固定資産税、法人税の支払い猶予・減免」「消費税減税」「資金繰りのための迅速な融資」「迅速の対応」等の声が多く寄せられています。

新型コロナウイルス感染症緊急アンケート結果pdf

【問合わせ先】
大分県中小企業家同友会
事務局戸田、江田
TEL097−545−0755

▲ このページの先頭にもどる

同友会ニュースへ

同友会とは?へ

同友会の組織へ

活動の基本へ

入会のご案内へ

リンク(関連先)へ

所在地・連絡先へ

会員以外でも参加可能な活動

検索

おおいた就活カンファレンス&大学生等合同就職説明会
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
大分同友会facebookへ
障がい者の実習受入れ賛同企業マップへ
インターンシップ受入れ賛同企業マップへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
同友会活動支援システムedoyuへ
RSS